万一の時でもおちついた行動を!天災に備えよう

大震災があった時に亡くなった人の要因でひときわ多いのが、家事や家具類の下敷きになる圧死でした。適当に設置してある家具類が落ちたり倒れたりしてしまい怪我したり死亡してしまう事を減らしたい時、はたしてどのように準備すれば有益なのでしょう。罹災した後の天気は、誰であっても予測出来ない点です。降雨のせいで身体がビショビショになって、病気に掛かってしまうと面倒な事になります。温度の急激な低下の為に体力が失われる事だって想定されます。雨合羽の準備や低温環境をしのげるシートをチョイスし、買っておくと良いでしょう。災害時は新品の防災対策用品を使用する事が良いとは限りません。むしろ常日頃から丹念に研究し、実際に利用して操作感を把握しておくことは、いざという場面でも大慌てせずにすむ筈です。備えあれば憂いは無いでしょう。グッズに加えて経験も平時から持っておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です